ジェリー.レィンヴィルは、子供の頃からガーデニングが好きで、10歳で園芸を将来の道と志し、16歳の時から彼の生まれたモントリオールの庭園で働き、小さな庭園業を営みました。

Algonquin Collegeでランドスケープ・デザインを専攻、卒業後、盆栽の弟子入りするため四国へ渡りました。

四国で過ごした数年間で得た知識、訓練は帰国後(1982年)" 四国盆栽" モントリオール)を裏付け、盆栽の芸術と才能を多くの人々に紹介し伝え、1986年に再び1年間 アジアに戻りました。

帰国後 バンクーバーに住んだのはB.C.の天候が、盆栽に向いていたからです。 そして"高松盆栽"をバンクーバーに確立しました。

1991年には、日本造園設計 の禅僧、俊明(先生)のもとで、造園設計を学ぶために ジェリーおよび家族が日本へ再び渡りました。 日本庭園に対する彼の才能および理解は先生のもとで繁栄し、今日ま で継続しています。

ジェリーと彼の家族は、今サンシャイン・コースト (バンクーバーの西)で" 四国盆栽"(四国芸樹園)を経営しています。

日本語でのお問い合わせは、なおこ迄。